読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカンドブラウザが必要な理由。

browser rescue security

「インターネットが普通に使えれば何も問題無いから、他のソフトは入れるつもりがない」という人をたまに見かける。確かにOSに付属しているブラウザ(Internet Explorer?)が使えている間は問題ないだろう。つかえている間は。

だが、IEが使えなくなったとき、他のブラウザが手元に無かったら、どうするのだろうか?それも、他人に頼らず自力で情報を探して解決しなければならないような状況だとしたら?

そう、OS付属のブラウザ以外に、もうひとつ別にWebブラウザを入れておけばいいのだ。

OSに標準付属するブラウザとは違う仕組みを使っているがゆえに、標準のブラウザがトラブルを起こした時にも、セカンドブラウザを利用することで情報収集ができたり、復旧に必要なツールを入手する事が可能になる。

この時重要なのは「OSに標準付属するブラウザとは違う仕組みを使っている」ということを忘れないことだろう。仮に別のブラウザをセカンドブラウザとして導入したとしても、セカンドブラウザがOSに標準付属するブラウザと同じ仕組みを利用しているのであれば、標準付属するブラウザの不具合に引きずられる可能性は否定できないからだ。

例えばWindowsOSなら、IEコンポーネントを利用するブラウザはIEの不具合に引きずられる場合がある。このような理由から、IEコンポーネントを利用するLunascapeSleipnirなどは、非常時に使うセカンドブラウザとしては不適切ということになる。

だからこそ、Internet Explorerを常用している人は、セカンドブラウザとしてFirefoxOperaを導入しておくべきなのだ。OperaFirefoxのようにIEコンポーネントを利用しないブラウザを予備のブラウザとしてインストールしておけば、いざというときの代替手段として非常に役立つ。

そして、代替手段は初心者にこそ必要である。標準ブラウザのトラブル時に自分の知識で解決することが困難な初心者であっても、セカンドブラウザが使るのなら情報を探す事も可能になる。いざという時になってから慌てないためにも、セカンドブラウザを前もって導入することはとても大切なことではないだろうか。

まだセカンドブラウザを用意していないのなら、今こそ手に入れるべきなのだ。